2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
「コンサート・フォー・ジョージ」を鑑賞
今日は、午前中はジムに行って1週間ぶりに汗を流し、午後は翻訳の勉強タイム。
ながら族なので、音楽でも流そうと思い、テレビでジョージ・ハリソンの追悼コンサートの模様をおさめたDVD「コンサート・フォー・ジョージ」をかけていた。

DVD「コンサート・フォー・ジョージ」をかけながらのお勉強タイム。
posted at 06:48:13
ジョージ・ハリソンの曲はやっぱいい曲多いなぁ。
posted at 07:25:59

このコンサート、とにかく、ゲストが豪華。確か音頭をとったはずのクラプトン以外に、ポールやリンゴ、ビリー・プレストン、トム・ペティ、ジェフ・リンなどがでていて、ジム・キャパラルディ、ジム・ケルトナーなんて渋い人たちも出演してた。ジム・ケルトナーが画面に映るときにちょっと注目して見ていたけど、なんか独特と叩き方してるみたいだった。
ジョージの曲は、ビートルズ時代も、ソロ時代も、いい曲が多いなあ。特に、このコンサートではすごい面々が演奏しているので、一段といいかも。中でも「All Things Must Pass」がいいし、クラプトンのギター、ポールのピアノとバックボーカルという、オリジナルが再現された「While My Guitar Gently Weeps」も涙でてくる。あと、このDVD見ながら(聞きながら)、リボルバーに入っている曲も、なんだ普通に演奏できるじゃん、と思った。
翻訳の勉強中に、ただ流しているだけどのつもりで、結構、見入ってしまったところも多かった。



スポンサーサイト


 
CNNGoに中田ヤスタカ氏のインタビュー
TLでのつぶやきを見ていて、CNNGoというサイトに中田ヤスタカ氏のインタビューが掲載されていることを知った。このCNNGoって、CNNと関係あるみたいで、アジアのいくつかの都市の情報を集めたサイトみたい。

インタビュー記事のタイトルは「Electro-pop prince: An interview with Yasutaka Nakata of Capsule」で、新アルバム「Player」、映画のサウンドトラック、原宿でのショーなどに関しての短めのもの。記事の冒頭、彼の簡単な紹介文の中で、Perfumeも言及されていた。Perfumeについては、アイドルという紹介の他、つべに上がっている「ポリリズム」のPVへのリンクもあった。

最近は、こしじまとしこがボーカルの曲が少なくなって、代わりに謎めいたボーカリストの使用が増えたのではないか、と聞かれて、このところそういう傾向にあるから、新譜でこしこのボーカルの割合に特に違いがあるとは思わない、みたいな答え。サンプルで取り上げただけで、歌っているのが誰か知らない、らしい。声もかなり変えている場合があるので、誰がボーカルをとっているかもあまり関係ないみたい。

「ライアーゲーム」のサントラとcapsuleの新譜とどちらが簡単だったか、という質問に対しては「capsuleの音楽の方が難しい」という答えだった。サントラや他のアーティスト、たとえばPerfumeやMe、に対する音楽プロデュースでは、あるテーマを持ってやっているので、自由は少ないけど、やるのはより簡単ということらしい。作った音楽がシーンに合って、効果的なら、良い音楽であると。capsuleは100%自由なので、良いかどうかを判断するのも自分で、外の評価基準もないし、難しいということみたいだ。

「作詞、作曲、製作、ミキシング、マスタリング、アートディレクター、デザイナー、スタイリスト」とクレジットされていて、大変な生活を楽しんているようですね、と聞かれて、capsuleではすべてに関わるべきだと感じているというお答え。


新譜「Player」は、予約して発売日に手元に届いていた。今も、このブログ書きながら、聴いているけど、いいアルバム。








 
紅白歌合戦出場歌手決定
なんか中国語のタイトルみたいになってしまった。

紅白歌合戦に出場する歌手が発表になった。Perfumeも去年に続いて2度目の出場。どの曲を披露するんだろうか。

Perfumeの他で、個人的な注目は、初出場の木村カエラとレミオロメンかな。


 
Rolling Stones「Get Yer Ya-Ya's Out」40周年記念デラックス版
iTune Music Storeで「Get Yer Ya-Ya's Out! - The Rolling Stones In Concert (40th Anniversary Deluxe Version)」を買った。
1969年のストーンズ全米ツアー中のハイライト、ニューヨークにあるマジソンスクウェアガーデンでのライブを収録した「Get Yer Ya-Ya's Out! 」。デラックス版ということで、アルバムには収録されなかったストーンズの演奏や、前座ででたBBキングやアイク&ティナ・ターナーのライブ演奏も収録されている。

今回のデラックス版に収録されてかっこいい曲は、アンダーマイサム、アイムフリー、それにサティスファクション。特に、アンダーマイサムとアイムフリーはメドレーにようにして演奏されていて、魅力倍増な気がする。アンダーマイサムはストーンズの曲の中でも凄く好きな曲なので、こういうかっこいいライブバージョンを聞けるとうれしい。

マジソンスクウェアガーデンでのライブは、映画「ギミーシェルター」として映像化されているけど、このデラックスバージョンには、映画に入らなかったシーンを集めたビデオも入っていて、これもうれしい特典。

この69年のツアーは、確か久しぶりのツアーで、演奏がちょいとラフな面もあるけど、そのラフな感じがかえってすごみがあって、かっこよく聞こえる。「ミッドナイト・ランブラー」の途中で、日本語で「かっちょいい~!」と叫んでいる声が聞こえるけど、まさにかっこいい。

でも、このツアーは最後はオルタモントで悲劇となって幕を閉じる事になる。このデラックス版で聞けるみたいに、69年ツアーでは、アンダーマイサムとアイムフリーはメドレーのようにして演奏されていたのかなあ。オルタモントでは、アンダーマイサムからアイムフリーに移る途中で、悲劇が起こった、ということなんだろうか。一度、オルタモントでの様子を完全版で見てみたい。オルタモント40周年デラックス版は。。。でないだろうなあ。


 
ビートルズのリマスター盤、買った
今日、ビートルズのリマスター盤、RevolverとRubber Soul、買った。
早速、iPodに入れて聞いてみた。この間のタモリ倶楽部の聞き比べで言っていたように、音が生々しい気がする。Girlとか、ジョンが歌う前に息を吸うのが聞こえるし。それとも、旧盤でも聞こえていたのかなあ。iPodで聞いたからかどうかはわからないが、ボーカルより楽器演奏がちょっと勝っているような感じにも聞こえた。その分、「ここのドラムの音はかっこいい。さすがリンゴ。」とか、「このリズムギターは気持ちいい。さすがジョン。」とか、いちいちうなってしまう場面続出。それに、ポールのベースがあまりにブリブリで、笑った。ベーシスト、ポール・マッカートニー、凄し。
ビートルズの中で一番好きな曲で、これを聞くためにリマスター盤買ったようなTomorrow Never Knowsは、ぶっ飛び具合の迫力が増した気もする。Chemical BrothersのSetting Sunも聞いたけど、やっぱTomorrow Never Knowsの方がぶっとんでいる。Revolverは久しぶりに通して聞いてみて、やっぱりロックなアルバムであることを再認識。リマスター盤で聞いたら、She Said She Saidがやたらかっこよく聞こえたのと、Yellow Submarineの間奏の効果音がよく聞こえて、潜水艦の中は楽しそうな感じだった。
Rubber Soulは、今回、リマスター盤で改めて聞くと、昔のA面はかなりソウルっぽい。でだしが、ポールのソウルフルなボーカルが炸裂するDrive My Carというのもあるけど、他の曲も、ポールのうねるベースのせいかソウルな感じがした。リンゴのカントリーWhat Goes Onはどうしても飛ばしてしまう。ごめん、リンゴ。昔のB面サイドでは、今度はフォークロック色が強くなる。アンソロジーに入っている別テークのI'm Looking Through Youは、スペンサー・デイビス・グループかい、という感じのソウルっぽい仕上げになっていたけど、Rubber Soulに入っているテイクの方がB面のこの位置におさまりがいい感じ。

今回は、予定どおり、好きなアルバム2枚を買ったけど、これは他のアルバムも欲しくなってきたかも。A Hard Day's Nightもやっぱり欲しいし、リマスターのRainを聞きたくなってきたのでPast Mastersも欲しいなあ。財布と相談しなくては。


 
ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク