2003/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
03 | 2003/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
今シーズンのベストイレブン
アーセナルのティエリ・アンリがイングランド・サッカーのプロ選手協会(PFA)の今季の最優秀選手に選出された。

新人賞にはニューカッスルの20歳ジャメイン・ジェナスが、クレイグ・べラミー、17歳のウェイン・ルーニー(エヴァートン)を抑えて選ばれた。

今シーズンのベストイレヴンは、1.ブラッド・フリーデル(ブラックバーン)2.ステファン・カー(トッテナム)3.ソル・キャンベル(アーセナル)4.ビリアム・ガラス(チェルシー)5.アシュリー・コール(アーセナル)6.パトリック・ヴィエラ(アーセナル)7.ポール・スコールズ(マン・U)8.キーロン・ダイアー(ニューカッスル)9.ロベール・ピレス(アーセナル)10.ティエリ・アンリ(アーセナル)11.アラン・シアラー(ニューカッスル。オーウェンもジェラードも漏れた。リバプールは一人もなし。

スポンサーサイト


 
SARSの問題
SARSは猛威を振るっている。より凶暴に変異しているらしい。

WHOは、SARSの問題でトロントへの渡航を自粛する勧告を出したようだ。カナダは反発しているようだけど。
WHOがトロントを緊急以外旅行は避けた方がいい場所に指定した。トロント市長はかんかんに怒っているようだ。

NYTimesの一面に、SARSがらみで中国の厨房の衛生に関する記事と写真が一面に出ていた。床で鳥をさばくのはちょっと衛生上問題があると思う。




 
先週のサッカーいろいろ
チャンピオンズリーグの「マンU対レアルマドリード」の試合をビデオにとってみた。すごいいい試合だった。展開も速くエキサイティング。ベッカムがフリーキックで得点。ロナルドがハットトリック。マクマナマンが先発ででてた。

昨日のマンU対レアルの試合は本当に面白かったが、どのスポーツサイトでも絶賛されていた。
ゲンクは鈴木と来季は契約しないようだ。試合にでられなかったし、残念ではある。3トップでやるとか、調子のいいことを言って選手と契約した後で、あの話はなかった的にやるのもどうなんだろうか。ゲンクをぎゃふんといわせるためにも、鈴木は来季活躍して欲しい。
UEFAカップ決勝は、セルティック対ポルトになった。試合は5月21日。

サッカーの試合は、アーセナル対ボルトン、アストンビラ対エバートンをみた。
アーセナルは前半は攻めきれずに0点。後半、テンポよく2点取った後で、急に足が止まった感じで、後半の最後のほうにボルトンに2点入れられ結局同点。マンUの結果次第だけど、優勝は厳しくなったようだ。アーセナルに勝利を信じて敵地ボルトンまで来ていたサポーターの「どうした?」というような心配顔が印象的だった。
ビラ対エバートンは、眠くなるような試合運び。結局ロスタイムにルーニーが決勝ゴールで2対1でエバートンが勝った。
リバプールは降格が決まったウエストブロムに6対0。オーウェンは4点を決め、プレミア100ゴール目を入れた。
高原が途中出場で1点入れたみたいだ。また、ヘディングで得点だけど足で入れるのはないんだろうか。

マンチェスターシティ対ウエストハムの後半を見た。ネットで結果を知ってしまったのだが。結局、ウエストハムが後半1点入れて勝ち、降格はまだ決定していない。

戸田はトットナム対マンUの試合で先発したみたいだが、あまり活躍はできなかったようだ。試合はマンUが2対0で勝ったので、優勝争いはマンUが断然有利な状況だ。今季の最優秀選手はアンリが選ばれたようだ。


 
H1の延長
HRからH1の延長の手続きを始めるというメールが来た。もう、やんなくていい、とのどまででかかっている。


 
先週のサッカーいろいろ、ポーツマスとレスター昇格
ポーツマスが勝って、プレミア昇進を決めた。でも、川口は来年どうなるんだろうか。プレミアリーグの10年間の最優秀選手に、国内部門はアラン・シアラー、外国人部門はエリック・カントナが選ばれた。

注目のマンU対アーセナル、プレミアリーグの頂上決戦は引き分けだった。アンリが2得点。アーセナルのキャンベルがソーシャに肘鉄で一発退場。ゲームは白熱したいい試合だった。

ビデオで「日本対ウルグアイ」サッカーを見た。時差ぼけのウルグアイに攻めさせてもらっている印象。2点目の失点はキーパーがしっかりとらないといけない。高原は決定力不足、鈴木はシュート前に疲れすぎかも。日本の2点目は流れの中で、いい感じで決まった。1点目も鈴木が決定的にペナルティエリアに入ったので、ファールをもらい中村がPKをもらえたのだが。フォワードには流れの中で点を入れて欲しい。

マンチェスターシティ対トットナムは、2対0でマンシティの勝ち。戸田が後半でたけど。日本人で2人目のプレミアリーガーだそうだ。代表に復帰できるかどうか。

ミドルズブラ対アーセナルは、アーセナルの勝ち。リバプールダービーは、リバプールが2対1で勝った。サンダーランドは今日も負けたようで、スカイスポーツニュースで泣いているサポーターの女の子が写っていた。今季ももうすぐ終わりだが、降格争いも面白くなってきた。レスターも昇格を決めて、ポーツマスとレスターが来期からプレミア。なんか、すぐ落ちそうだけど。

FAカップの「アーセナル対シェフィールドU」の後半戦を見た。ずいぶん前に試合だし、結果を知っていたけど展開の速い試合で結構面白かった。流れの中で見ると、シーマンのファインプレーはすごかった。




 
ロンドン中心部での車の乗り入れに対する課金方式
NYTimesのロンドン話。この間から施行されたロンドン中心部での車の乗り入れに対する課金方式では、スクーターはこの課金から免除されるそうなのだ。スクーターにシティセンターに入るのにお金はかからないけど、事故に会う危険性はかなりある、のだそうだ。イギリスでは50から125CCのバイクに乗る人は、バイクの基本的な理論や乗り方を習う基礎コースを受ける必要があるみたいだ。ただ、50CCには車の免許があれば乗れるようだけど。バイクの運転者は、初心者や経験者にかかわらず、3つのわなに陥りやすいそうだ。バイクの通り道に向かってくるものにぶつかる、ぬれてすべりやすい道でこける、交通規則を守らずに問題を起こす。これは、ロンドンに限らずどこでもそうだろう。夏はスクーターを買って通勤するのもいいかもしれない。


 
今週の気になったニュース
NYTimesに、UCバークレーの教授が、古い日本の地図をデータにして、Webで公開しているという記事がでていた。サイトはhttp://www.davidrumsey.com/japan/。

米軍はバグダットを占領したはずが、散発的な戦闘がまだ続いているようだ。略奪があったり、かなり混沌とした様子。ラムズフェルドは、自由のためにはしょうがない、みたいなことを言っているが、どこまでもひどい爺だ。

NYTimesの日曜マガジンに、年収30万ドル近く稼いでいた人が不況で首になり、今はGAPで働いている様子の記事がでていた。


 
先週のサッカーいろいろ
チャンピオンズリーグで、マンUはレアルに3対1で負けた。

サンダーランドは2部落ちが決まったようだ。

FAカップは、アーセナル対サウサンプトンの決勝になった。アーセナル対シェフィールドUの試合は、審判の判定でもめたようで、BBCのラジオを聴いていた時は審判を首にしろ、というリスナーからの電話が多かった。


 
松井、満塁ホームラン
松井がヤンキーススタジアムの今期開幕戦で満塁ホームランを打った。

会社のメールは絶不調で、しょっちゅう死んでいた。メールがちゃんと動かないと仕事にならない。今週と来週の金曜に休みことにした。プロジェクト終了のご褒美休み。



 
鉄腕アトムの誕生日
今日は、鉄腕アトムの誕生日だった。NYTimesにも記事がでていた。日本のロボット産業は、なんか注目かもしれない。2足歩行のロボットをここまでまじめに取り組んでいるのは、日本だけではないだろうか。


 
今週気になった記事
日本オラクルでは社員を癒す犬社員がいるそうで、先代が引退した後の2代目のお披露目があったという記事がWebにでていた。

エアカナダが破綻したというニュースがあった。エアカナダが破綻したらカナダの航空業界はどうなるんだろうか。

イラク戦争の話題もあるけど、重症急性呼吸器症候群(SARS)の話題も気になる。香港は大変なようだけど、日本は大丈夫なんだろうか。

NBCの記者で、朝のTodayでもよく見かけていた記者がイラクで従軍していて死亡したようだ。デビッド・ブルームという記者だった。



 
先週のサッカーいろいろ
サッカーのヨーロッパ選手権予選、イングランド対トルコは2対0でイングランドが勝った。オーウェンは途中で交代したみたいで、その後、代わったベッセルが点を入れた。

リバプール対マンUは、前半15分ぐらいにヘピアがPKエリアで悪質ファール。PKを与えて、しかも退場になってしまった。試合は、リバプールまったくいいことなく、4対0で負けた。チャンピオンズリーグはちょっと遠のいてしまったかもしれない。


 
ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク