2003/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
04 | 2003/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
コンフェデカップで選手が死亡
コンフェデカップの準決勝、カメルーン対コロンビアで、カメルーンのフォエ選手が試合中崩れ落ちるようにして倒れ、死亡した。担架でピッチからだされるときにはすでに心停止だったようだ。暑い中、日程が強行だったようだし。
スポンサーサイト


 
ウルブス昇格
イングランドのデビジョン1のプレーオフは3対0でウルブスがシェフィールドUに勝って、プレミア昇格を決めた。なんでもトップリーグは19年ぶりの復帰なようだ。ミレニアムスタジアムは満員だった。


 
歯医者でクリーニング
午後、歯医者でクリーニング。ディロン先生は最近はクリーニングはほかの先生まかせ。昔はひとりで全部やってたんだけど。まあ、ディロン先生のところはみんな感じがいいんでいいのだけど。電動歯ブラシを勧められたので、検討することにしよう。あと、フロストはまめにやらないと。さぼっていたのがばればれだった。

今日は「バフィ・ザ・バンパイヤ」の最終回だった。

ナイジェラ・ローソンの料理番組が面白い。手軽に作れる料理を紹介している。今日は、ちょっとエスニックで、生春巻き、ココナッツを使った魚のカレーを紹介していた。それと、ホワイトチョコのムース。ジェイミー・オリバーのもそうだけど、ちゃんと3品紹介する。

アストンビラの次期監督にリーズにいたオリアリーが就任した。


 
FAカップ決勝
FAカップは、ピレスのゴールで、1対0でアーセナルがサウサンプトンに勝った。SkySportsNewsを見ていたら、ピレスがインタビューされているところに、アンリが「通訳いる?」と割って入ってきたのが面白かったけど。ピレスは英語はあんまりうまくないみたい。


 
落日のシェフィールドウェンズディ
シェフィールドウェンズディはディビジョン2、要は3部に落ちてしまった。93年にはFAカップ決勝までいき、3年前まではプレミアにいて、D1に落ちてからはすさまじい勢いで坂道を転げている。日本に来たのは93年ごろだったのかな。


 
プレミア今季の最終戦
プレミア今季の最終戦。降格が決まる試合2試合をテレビで見た。Webのニュースサイトでうっかり試合前にどこが落ちるか見てしまったのだが。

まずは、ウエストハム対バーミンガムシティ。同じ時間でやっているボルトン戦の様子も実況ででてきた。結果は引き分け。ボルトンが勝ったので、ウエストハムの降格決定。ウエストハムは代表クラスの選手が何人かいるけど、来季はほかのチームに移ることになるだろう。稲本は最終戦もでず、戸田は後半出場。だが、サンのサイトの採点では4点と超低い採点だった。リバプールはチェルシーに負けて、来季のチャンピオンリーグはなし。ジェラードが退場になったみたい。

マンシティのデンマーク代表GKのピーター・シュマイケルは今日が引退試合となった。

プレミア今季の成績は、優勝マンU、CLはマンU、アーセナル、ニューキャッスル、チェルシー。UEFAカップはリバプール、ブラックバーン。降格はウエストハム、ウエストブロム、サンダーランド。得点王はマンUのファンニステロイ。


 
テレビでサッカー観戦。マンU対チャールトン。結果は4対1でマンUが勝ち、優勝に一歩近づいた感じ。ベッカムがうまいシュートで1点先制したあと、マンUのキーパーがバックパスをクリアミスで相手に渡してしまい、そのままチャールトンの選手が入れて同点。呆然と立ちつくすファーガソン監督。実況では「He is stunned.」といっていた。呆然と立ち尽くすのは「be stunned」という表現だった。その後、ニステローイがハットトリックした。ニステローイは動きが切れていたし、絶好調かな。

次の試合は、ウエストハム対チェルシー。ハマーズは降格がかかっている状況で、チェルシーは来季のチャンピオンズリーグの出場権がかかっている試合。ハマーズ押し気味でも決定のゴールがでず、ドローかと思ったが、ハマーズが交代出場のディカーニオの執念のゴールで勝った。ほとんど泣き叫びながらジャージを脱いで走り回る姿がすごかった。すごい刺青だし。ボルトンが引き分け、現時点ではリーズを入れた3チームが同じ勝ち点。残りの降格チームは最終戦で決まることになった。明日はアーセナル対リーズ。優勝にまだ望みをつなぐアーセナルと降格しそうなリーズ。どちらも負けられない試合。

リバプールはマンシティに負けた。今日勝っておけば、来季のCLに近づいたのに。ニューキャッスルの3位が決まったので、最終戦チェルシー対リバプールの勝ったほうがCL出場権を得られることになった。得失点差からするとリバプールは勝たないとだめだ。


 
ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク