FC2ブログ
2008/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フルートのレッスン:第43回
今日は、雪は降らなかったけど、昼ごろからすごく寒い日だった。

今日のレッスンは、結構よくできた。なんか、達成感があった感じ。
まず、教則本の15-3「Bdur」の高い音をなめらかにつなぐ練習から。高音の♪シ♭♪はロングトーンでもきれいに吹けるようになった。高音は♪シ♪と♪ファ♭♪が相変わらず苦手。タンギングではなんとかなっているけど、ロングトーンはまだまだ音が続かない。まあ、少しづつ良くなっている感じなので、諦めずにがんばろう。教則本の方は、どんどん進んで、「Gmoll」のスケール、アルペジオまで終わった。次は、「Adur」をやって、できるところまで。15課は、いままでの課より時間もかかっているし、やっぱり大変。ただ、二巻に進むには、この壁を越えなければ。

この後、バッハの「シチリアーノ」、フルートとチェンバロのソナタ2番(BWV1031)の第2楽章、に突入。ヒューバート・ロウズが演奏しているCDを聞き込んで練習した甲斐があったか、初回にしては、まあいいできだった(気がする)。音を丁寧に吹くところとか、スラーの部分で滑らかに吹くところとか、次回までにもっと練習しなくてはいけないところもいっぱいあるけど。指の力をもっと抜いて、リラックスして吹く必要もありそう。
この曲は綺麗な曲だし、吹いていて楽しい。トリルも始めてやった。いつか、他の楽章も含めて、この2番を通しで吹いてみたい。
スポンサーサイト





 
ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク