2010/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
家の修復工事が完了
去年の暮れ、隣りの家の水道管が寒さで凍って破裂し被害を受けた我が家。その修復工事がやっと終わった。
ということで、キッチンとリビングの写真を公開。まだ、ちゃんと片付けてはいない。

カーペットも、キッチンのフロアも新しくなって、きれいになった。

今回の修復は、始まるまでがちょっと長かったけど、始まってからは順調に進んだ気がする。この前の被害のときに工事をやったところよりいい感じはする。

しかし、もう水の被害にあうのは嫌だ。

20100227house_2.jpg
スポンサーサイト


 
フルートのレッスン:第76回 #gakkicluster
今日は、フルートのレッスン日。

今日のレッスンで吹いたのは、アルテの12課「変ロ長調」。譜面には♭が2つ、つまりはシとミが半音下がる。
家でうまくいく部分がレッスン時にはあまりうまくいかない、ということが多いけど、今日も昨日の夜、家でやったようにはうまく行かなかった。短いレッスンの時間で、綺麗な音がだせるような準備(運動)がもっと必要かも。

アルテのこの課にソノリテがでてくる。美しい演奏をするためには注意して練習する必要があるんだけど、難しい。雑にならない、一定した音色をだすには修行が必要だ。今日は、先生が、学生時代に先生からもらったという「横隔膜の使い方」についてのノートをいただいた。毎日、腹筋しないと。。。

12課の課題曲は2回吹いて、2回目はわりとうまく吹けた気がする。ただ、中音域がちょっと割れてしまうときがある(多い)ので、その音域のロングトーンなりをしっかりやって、横隔膜を鍛えて、綺麗な音がでるようにがんばりましょう、ということで、今日のレッスンは終わった。

次は13課。


 
家の修復工事はほぼ完了
去年の暮れ、隣りの家の水道管破裂で被害を受けた我が家もやっと修復が終わった、と思ったら、工事のおじさんたち~、一箇所直ってないよ!

工事が始めるまでにすごい時間がかかる割に、始まったら一週間で終わりってどんだけ待たせるのか、といった感じ。何はともあれ、終わってよった、じゃなくて、家が元に戻ってよかった。片付けは、週末にゆっくりやろう。

今週は、かな~り煮詰まった状態になっていた会社関連も、ちょっと煮詰まりかりは一歩脱出できた感があった。上とちゃんと話しをしたのがよかったかな。でも、短い休暇じゃなくて、少し長めの休みを取ってリフレッシュした方がいいという話しもでた。はっきり自覚はなかったんだけど、はたから見るとバーンアウト状態だったみたいなんで。いずれにせよ、今は一時期よりはちょっと気分は楽。


 
フルートのレッスン:第75回 #gakkicluster
今日は、午後どたばたしていた中、行ってきましたフルートのレッスン。いつもは、レッスン前に先生宅近くのスタバで少しのんびりしてから行くのだけど、今日は買ったカフェラテを持って、あたふたと先生宅に行った。スタバがあるところから先生の家に行く途中はちょっと坂になっているので、そこを急いで上がったら結構疲れてしまった。これから、息をコントロールしなくちゃいけないときに、息が乱れるとは。。。

今回の課題は10課の練習曲。前にやったときもちと苦手な曲だった。が、2度目ぐらいでかなりいい感じに吹けたので、オーケーに。後半の一部でのリズムに気をつけるとか問題はあったけど。
今日は、このまま11課の練習曲に。11課は10課の曲に比べると、自分的には吹きやすい曲なので、まあオーケーに。今日は、まだ時間があったので、12課のスケールとミの♭の指使いなんかもやった。ということで、次回は12課の練習曲ということに。

この課からソノリテがでてきたのだった。これからは練習は、スケール、ロングトーン、ソノリテをちゃんとやってから練習曲と。


 
Kikkomanの缶詰カレー
Kikkoman、つまりはアメリカのキッコーマンから缶詰カレーがでていた。

シアトルにある日系スーパー宇和島屋でレトルトのカレーを買おうと物色していたら、何やら派手なパッケージの缶詰カレーが目に付いた。よーく、見てみると、Kikkomanと書いてあり、ロゴもキッコーマン。しかも、この缶詰カレー、肉入りと書いてある。今までは、日系スーパーで手に入るレトルトカレーはベジタブルのみ。肉入りはアメリカの規制で入ってこないのだ。ちなみに、持ち込もうとして空港で見つかると、没収される。没収されたものがどうなるかは知らない。係員が食べてるかも。なんで、アメリカで肉入りのレトルトカレーが製造されないか疑問だったが、缶詰として登場したのだ。つまるところ、アメリカにはレトルト技術がないのか?ともあれ、「これは試さねば」と思い、ポーク入りの缶詰カレーを購入。他にもビーフとチキンもあるみたいだ。

この缶詰、450グラムあるので、二人分、またはおひとり様なら2回分ということになる。缶は缶を開ける取手を引けば簡単に開くようになっていた。温め方は、レンジ可能な容器に入れて3分チンか、鍋に入れて温めるか、どちらか。

で、中身だが、肉は残念ながら一片ぐらいしか発見できず。これは、ちょっと悲しいお知らせであった。が、カレーの味はいい、というか美味しかった。ということで、後から、野菜や肉を足せばまったくもって問題ない、という結論になった。しかも、他で買ったカツを合わせれば、カツカレーにもなる。

Twitterでは、食べた後すぐにいろいろつぶやいたが、これは常備しておこうかなと思う缶詰だ。次は、ビーフを試してみたい。

 20100207currey.jpg



 
フルートレッスンはお休み
今日は、午前中に家の修復工事屋さんが来ると言うので、会社は午前中休んでカーペットの見本をチェックしたり、今後の予定などを聞いた。復旧が完了するのは、今月末と思っていた方が良さそう。それより早く終わったラッキーと思っていた方気は楽。

このこともあって午後はちょっと忙しくなりそうだったので、フルートのレッスンは来週に延期してもらうように先生に頼んだ。

で、仕事といえば、前回のプロジェクト以来、あまりというか全然うまくいってない。自分に原因があるのはわかっているけど、完全に負のスパイラルで、もうどう抜け出せるかわからん状態。今のチームにはもう10年近くいるし、今の仕事内容も本来やりたいこととは違うし、もう抜けたい。といって、もう若くないし、簡単には抜け出せないのもわかっているんだけど。でも、やっぱり環境変えて、目先を変えないとどうにもならない気がする。取り敢えずは、何ができるか情報収集を始めたところ。4月ぐらいまでにはなんか動きたい。





ここから先は、超愚痴モード全開な、ゾエの私事的覚書なので、普通の人は読まないように ^^;

続きを読む



 
ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク