FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
英語が聞き取れない、でプチパニック
オフィスのポートをシャットダウンされ、ネットワークに接続できなくなった。セキュリティのパッチを当てていなかったコンピュータが一台あったせいで、これはよくある話(よくあってはいけないんだろうけど)。
いつものように(もう慣れている)、ポートを開けてもらう手続きをするべく、ヘルプデスクに電話。しばらく待った後で、担当者が電話にでた。インドなまりの英語。だけど、聞き取れる範囲なんで、「よかった」と思いながら、彼の指示に従っていろいろトラブルシューティングしていた。ところが、肝心のパッチを得る場所に行くためのアドレスを聞く段階で、彼の言っていることが「わからない。。。(大汗)」。こんなところでつまづくとは、と焦るがだめ。自分には彼がアドレスの一部を「it6」と言っているようにどうしても聞こえてしまう。スペルアウトしてもらっても、余計「?」状態。相手もいらいらモードになってきた。こっちは更に汗が吹き出てきて、プチパニック状態。「メールでアドレス送ってくれない」って頼んでも、あっさり「規則でだめ」ってそんな、昔は送ってくれたのに。前の時は、聞き取りづらいアクセントがあるアメリカ人もいたけど、今回みたいなことはなかった。
「このままではいかん」と思い、隣のオフィスにいる、ネイティブと変わらない英語力の持ち主Kさんにヘルプをお願いした。ヘルプデスクと話すためにヘルプがいるとは、なんとも情けない話。その他はちゃんとわかったのに...えらくへこんでしまった。肝心のところは「itsec」だったけど、なんで「sec」が「six」に聞こえたのかなあ。
話の半分もわかれば全体がわかってしまう場合もあるだろうけど、今回のように95%を理解したとしても、わからなかった5%のところに肝心な部分があって何もできないなら、もうこれは100%わからない、ってことだ。
インド人英語恐るべし。今度からヘルプデスクに電話する時は、心してかからないといけないみたいだ。

スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

確かに聞き取りにくいっすね~。いつもはにこにこ話を合わせるだけでOKだけど、アドレスの聞き取りは汗が出るかも。

でもなぜかインドなまりの真似がうまいって言われます。バンクーバーのタクシーはターバン運転手が目印でした(笑)


インドなまりの英語を駆使する日本人というのもいいかも。IT関連にいると、インド英語に慣れないと。

今日は、所属グループのアイルランド人の奴が言ってた事が「?」だった。


ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク