FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
【今週のイングランドサッカー】チェルシー、ポーツマスを沈める
チェルシーは土曜にポーツマスと対戦。この試合は中継がなく、ポイントだけダイジェストで見た。ドラグバの折り返しをグジョンセンがスルーしてランパートがゴールで1点目。グジョンセンがふわりと浮かしたパスをロッベンに出し、これをロッベンが決めて2点目。結局、チェルシーが2-0で勝った。この試合についてはモウリーニョ監督のコメントはなし。チェルシーはスタンフォードブリッジの芝の修繕をするようだ。

土曜の中継は、まずニューキャッスル対エバートン。
シアラーはスーツ姿でベンチ、オーウェンもダイヤーも故障中で出場していない。
ソラーノが右サイドからシュートして入れた2点目は、その前のゴール前でのパス回しといい、シュートといい素晴らしかった。コメンテーターも「ブリリアント!」と「ビューティフル!」を連発。結果は2-0でニューキャッスルの勝ち。

次の中継試合は、ブラックバーン対アーセナル。
ベラミーは前線で相変わらず怒りながらのプレー。オフサイドも多いし、もう少し冷静になってプレーできるといいのにね。今度ベラミーが1試合で何回オフサイドになるか数えてみると面白いかもしれない。
ベラミーが右サイドをえぐってクロスを入れ、ペデルソンがこれを押し込んでブラックバーンが1点。前半ひどいできだったアーセナルは後半ピレスを入れ、残り20分のところで怒濤の攻撃をするも、ゴールすることはできずに1-0のまま試合終了。アンリは後半ほとんどテレビに写ってなかった。アーセナルはもっか6位と低迷。

日本人選手では、Sunによるボルトン中田の採点は4と厳しい点。途中出場の稲本も4点。稲本はプレミア100試合目だったそうだ。ウエストブロムはミドルズボロに負けて、やばくなってきた。

日曜にカーリングカップの決勝があり、マンUがウィーガンに4-0で勝った。

この前、チャンピオンズリーグを放送しているESPN2のコメンテーターについての感想を書いたけど、やっぱりプレミアリーグのコメンテーターによる実況放送の方が僕は好きだ。
アメリカのスポーツ実況に比べて一番違うと思うところは、落ち着いたトーンでゆっくり目にしゃべるところ。さすがに、ゴール前の攻防になるとテンションを上げて話すけど、それ以外は実にゆっくりとした感じで状況を伝えてくれる。ブリティッシュ英語が耳に心地良い、というのもあるのかなあ。土曜に見ていた「アーセナル対ブラックバーン」でもそうだったけど、数十秒黙っている、なんてときも結構あって、この実況スタイルに慣れるまではテレビの実況音声に問題があったのかと思った。
それに比べると、ESPN2でのサッカー中継に限らずアメリカのスポーツ中継では、コメンテーターやアナウンサーが凄いテンションでのべつまくなししゃべっているから、うるさいうるさい。もう少し落ち着いたトーンで実況してくれた方が、僕は好きだ。
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク