FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Bones「トンネルで発見された女性白骨遺体」(シリーズ1、15話)
今日の話にでてきた遺体は、ワシントンDCの地下トンネルで発見された女性。通風シャフトの上から地下深くに落ちたようで、遺体はばらばら。しかも、ネズミが食い散らかしてすごい状態になっていた。と、毎度ながら、すごい遺体のシーンでスタート。
ほんとここまで見せる必要あるんだろうか、と毎度思う。特殊効果のスタッフが気合い入れて作り過ぎ、ですな。
遺体の身元は、若い女性のドキュメンタリーフィルムメーカーとすぐにわかる。状況から殺人事件の線で捜査するブース。何故、彼女はそんなところにいたのか、何故殺されたのか、という謎解きがスタート。

遺体の発見時に、ボーンズたちはトンネル内で不審な人影を発見。トンネル内は、ホームレスたちの住処になっていた。死んだ女性の所持品を持っていたホームレスを逮捕し、取り調べをするブース。この後、このホームレスはいやがりながらもボーンズやブースにいろいろ協力することになった。その所持品の一つから、南北戦争時に隠された宝の隠し場所の存在が明らかになる。事件は宝の山を巡る殺人事件、ということになった。
登場の仕方から、このホームレスは犯人ではないな、と思った。女性のフィアンセやソーシャルワーカーの女性が登場し、怪しかったが脇役だった。

研究所では、ザックやホジンスたちがばらばらになった骨をきれいに洗い、人間の姿に復元。頭蓋骨の傷から、凶器などを特定していた。事件の解決の鍵となるモンタージュや立体CGの作成では、アンジェラが活躍。アンジェラは「最近は研究所の外に出て、悪い人間を追いかけ回すようになって心配。」とボーンズを気遣っていた。
今日はアンジェラの出番が多かった。彼女の出番をもっと増やして欲しい。

死んだ女性にクライミングを教えたという若い男性二人組が登場。ブースとボーンズが話を聞きにいったときは、彼女が死んだ事は知らない、と悲しむそぶり。が、これは、とんでもないおとぼけ。発見されたフィルムに写っていて、しかも凶器がクライミング用の斧と断定され、真犯人だとわかった。
この二人が登場したときは、ノーマークでした。この番組では、後半に登場した人物が怪しいんだけど、犯人探しはまたしてもはずれてしまった。
宝が隠された場所で宝物を持ち去ろうとしていたところを、ブースとボーンズが逮捕。毎度おなじみボーンズの回し蹴りも炸裂していた。逮捕されていたホームレスが事件解決後に釈放され、元のトンネル生活に戻るラストシーンは、バックに流れた音楽と合っていい感じだった。
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク