FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
チェルシー、マンチェスターシティを一蹴
チェルシー対マンチェスターシティ
ハイライトをダイジェストの中で見た。グジョンセンのパスを受けたドログバがシュートしてゴールで1点目。その後、ドログバの疑惑の2点目。スローのリプレイを見ると、どう見てもハンドでした。マンシティのダスティンがずっと抗議していて、退場になっていた。試合は2-0でチェルシーの勝ち。ドログバは「そう、ハンドだった。でも、時にゲームでは起こることでしょ。なんて説明していいかわからないよ。ボールが僕の方に飛んできた訳だし。」みたいなコメントをしていた。ゴール後、なんの疑いもないように喜んでいたし、確信犯だったようでした。

リバプール対エバートン
アンフィールドでのマージーサイドダービー。Foxにでていた放送予定と違う時間で放送していたので、前半40分から見ることになった。というか、前半40分見損なった。ハーフタイムショーで見たら、この時間放送される予定だったポーツマス対アーセナルは、ポーツマスの豪雨で試合延期になっていた。
ロスタイムにリバプールのCKをネビルがオウンゴールで1-0。もの凄くきれいなヘディングシュートだったけど、自分側にしてはいけません。ハーフタイムショーで見たら、18分にジェラードが2枚目のイエローで退場になっていた。そのジェラードとビーティはリバプールの「Capital of Culture 」の宣伝で「08」の背番号を付けていたけど、退場になったら宣伝にならんでしょう、ジェラード君。
47分、レイナのゴールキックをガルシアがそのまま持ち込みシュートしゴール。大盛り上がりのスタンドで、リバプールサポの歌声が凄まじかった。61分にケイヒルがCKからヘディングでゴールしエバートンが1点返した。73分、ヴァンデルメイデがアロンゾに肘打ちして一発退場になった。頭を抱えるモイズ監督。これで10人対10人の対決になった。77分FKからのヒーピアのゴール、はオフサイドの判定でなし。オフサイドポジションにいたのはクラウチで、ボールには触れてなかったと思うけど。84分、キーウェルがペナルティエリアの外からロングシュートでゴール。絵に描いたようなきれいなゴールだった。試合はこのまま3-1で終了。リバプールサポのチャントは凄いけど、ジェラードは退場でいないのに、彼のチャント、「ケセラセラ」の替え歌、もよく聞こえていた。iTuneで「You'll Never Walk Alone」をダウンロードしてしまった。

ミドルズボロ対ボルトン
中田は先発から外れていた。スタンドには空席が目立っていたけど、あんまり人気ないカードってことだろうか
3分にボルトンのヤナコプロスがゴール前の混戦から抜け出して先制点。7分にボルトンの守備がハンドボールでPK。ハッセルバインクが決めて同点。キーパーに止められそうになってかろうじて入ったので、ハッセルバインクは苦笑い。30分にふわりと浮いたパスをハッセルバインクが胸で落としたところに、ヴィドゥーカが走り込んできてシュートしゴール。ボロが2点目。47分、守備からのロングパスがうまくつながり、ハッセルバインクがゴール。ボロが3点目。57分、スピードが倒されてボルトンがPK。オコチャが蹴って、キーパーに一度弾かれたもののこれを決めてボルトン2点目。72分にノーランが下がって、中田が入った。81分、ボルトンが同点に追いついた。ボルトンのデービスがボロのポガテスに肘打ちで、ボガテスが頭から出血。怒ったポガテスにイエローで、デービスは何もなし。この試合の審判、ちょっと「?」な判定が多かったかも。ロスタイムにヤクブのセンタリングをパーナビが決めて、ボロが4点目。これで試合終了。中田は...どうなんだろう。Sunの中田の採点は4点。

キューウェルとヴィドゥーカのオーストラリア組は、それぞれ動きがよかった気がする。この二人が今の状態でがんがん攻めてくると、日本はちょっとやばいかも。

レディングのプレミア昇格が決定。135年のクラブ史上初めてのトップリーグだそうな。
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク