FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フルートのレッスン:第49回
先週のレッスンが終わってから、家で練習しているときに音(特に高い音)をうまく出せていないことがあったので、チューナーで音を確認したら出す音が半音低いことがわかった。軽いパニック状態になって、音を出そうとしても全然だめ。アルテの最初の方を読み返してみると、「唇をゆるめて吹けばピッチは下がる」、「弱く吹けば下がる」、「楽器を内側に廻せば下がる」と書いてあって、いろんな意味で吹き方が悪くなっていたみたいだ。「唇を横に張って」ちゃんと吹いたら、ちゃんとあった音がでた。こんなおとをしていたので、今日のレッスンのための練習はあまりできなかった。

アルテは15-7「H dur(ロ長調)」。シャープが5個ついているので、気をぬくと途中でわけわからなくなる。難しいのは高音の♩ラ♯♩と♩シ♩。タンギングで短めで音を鳴らすなら問題ないけど、ロングトーンはきつい。レッスン開始から30分ほどぐらいから、ある程度楽に音だしできるようになってきたけど、レッスンは30分なんで、きれいに音が出せるころにはレッスンは終わり。。。今日は、なんとかH durのクロマティックまではやった。高音のシがうまく出ない場合は、低音>中音>高音と3オクターブで練習するのがいいみたいだ。
あと、スケール練習を根気よくやって、スラーでもちゃんと音を出せるように練習しないと。

残り時間ちょっと(今日はレッスン時間オーバー)で、ラヴェルの「ボレロ」。今日は、後半部分を重点的にやった。リズムが結構難しい。iTuneで曲をゲットして聞いたり、譜読みもしっかりやって頭に入ったつもりでも、いざ先生の前で吹くと、リズムが少しずれたりでなかなか思うようにいかなかった。今日のレッスンで、かなり修正できたし、来週のレッスンまでには通しでばっちり吹けるようにしたい。

スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク