FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フルートのレッスン:第66回
先週は日本に帰省していたので、久しぶりのレッスン。

まずは、アルテのエチュード、No.5「F dur」。三連符がいっぱいでてくる。というか、ほとんど三連符の曲。曲のでだしで、音がかすれたり、割れたりして、ちょっと不調。ということで、エチュードは中断して、15課のF durのロングトーン、スケール、アルペジオをやって調子を整えた。エチュードを練習する前は、まずその曲の調子のロングトーン、スケール、アルペジオをウォーミングアップにやった方が良い感じ。その後で、うまくいった。今日は、久しぶりだったし、練習でもいまいちだったので、正直おっかなびっくりで吹いた感じになってしまった。レッスンでも思いっきりそこを指摘されてしまった。譜読みはできているし、一通り吹けているので、後は強弱や、なめらかに吹くところなどを気をつけて、次回仕上げたいところ。
この他に、エチュードNo6「D moll」の譜読みが宿題。次は短調で暗め。途中で転調も入る。
次は、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」。楽譜だと、最初ゆっくり目の3拍子(ワルツみたいな感じ)で、後半ボサノバ調になる、ようになっている。が、最初から最後までボサノバな感じで吹いてしまった。それはそれで悪くないけど、やっぱり譜面とおりに吹きましょう、ということで、前半部分を重点的にやった。難しいアレンジではないので、全体的にいい感じで吹けた。次は、ミュージシャンによって録音されている演奏をいろいろ聞いて、「いいな、と思うアレンジで吹いてみましょう。」ということになった。この間、アストラッド・ジルベルトとウェス・モンゴメリのバージョンをiTuneでゲットしたので聞き比べてみよう。
日本で楽譜「フルート、スタジオジブリ作品集」を買った。ポニョも入っている。この中から、魔女の宅急便で使われた「やさしに包まれたら」をやることにした。これはピアノ伴奏が入っているCDも付いているので、楽しそう。

今日のシアトルはいい天気だった。夕焼けも綺麗。


スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク