FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

ゾエさん

Author:ゾエさん
シアトル在住でローカリゼーションの仕事をしています。現在は技術翻訳の修行中。フルート習得中。音楽はBeatlesとPerfumeが好き。応援スポーツチームはリバプールFC、浦和レッズ、SFジャイアンツ。食べ歩きが好き。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
イングランドの「へま」なゴールキーパーたち
ワールドカップ2010、イングランド対アメリカの試合があり1対1の引き分けだった。イングランドファンの自分としては、アメリカなんぞに勝てなくてがっかり。しかも、先制しながら、キーパーの凡ミスで1点献上した感じ。

イギリス大衆紙「サン」の見出しはこんな感じ。

ENGLAND were struck by the curse of the keepers as Robert Green's clanger handed the USA a point.
「キーパーの呪いにやられたイングランド。ロバート・グリーンの「へま」でアメリカに1点献上。」

同じページのコラムのタイトルはこんな感じ。

England's cock-up keepers
「イングランドの「どじ」キーパーたち」

「clanger」は「へま、大失敗」で、「cock-up」は「へま、どじ」という口語みたいだ。今まで、使ったことなかった。

高級紙の「タイムズ」は、同じこというのに「error」を使っていた。

この記事のリンク先:
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/sport/football/worldcup2010/3011841/England-1-USA-1.html
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
Twitter
旅行

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
本・CD・DVD


HMVジャパン

HMV検索
検索する

RSSフィード
リンク